2006年 SP 有限会社ヴォルテックス

こちらのサイトではワインの販売は致しておりません。

ワイン名
VdF 2006年 SP
エス・ピー 白 辛口
品種
マルサンヌ100%、 樹齢40〜60年
土壌構成:花崗岩,石灰粘土質
自社畑1haサンペレイの斜面の段々畑
収穫量
20Hl/Ha
醸造・収穫
葡萄を手摘みし、房丸ごとを木製垂直プレスにいれます。ジュースをそのまま樽に移し、一年間かけて発酵。その後、タンクに移して4年間発酵しつづけます。2011年の夏、重力により瓶詰め。現在もゆっくりと発酵を続けています。

IMG_0252.jpgエス・ピー 緑SP-2.jpgエス・ピー Lot2  青

SP
大岡さんの自社畑の葡萄100%で造られた、最初で最後(手間と時間がかかるので)かもしれない白です。
瓶の中で発酵がゆっくりと進んでいる(2006年のカノンシャルドネのよう)ので現在、1年後、2年後と飲むタイミングにより味わいが変化して行きます。
2010年に残糖20.5g/Lで全体の半分を瓶詰めされたワインがロット1(緑)。
数カ月後に残りの半分をビン詰したものがロット(青)です。
2006年
2005年と少し似て乾燥した年。寒く乾燥した冬、乾燥した春、暑い夏。もちろんいくつかの違いがあり、冬に雪が積もり、そのゆっくりとした雪解けが土の深くまで水を運んでくれた。葡萄の開花時に気温が下がった日があり、すこし花ぶるいが起きた。暑く乾燥した夏でしたが、ところどころで15-20mmぐらいの雨が降り、2005年のように葡萄が水不足のストレスにさらされることはなかった。収穫日は九月半ばぐらい。良いビンテージです。
SP   味わい
→2011年12月5日
細かいガス、ナッツ、くるみ、油脂を感じる。熟成しているのに酸味とミネラル、果実味が若々しくまだ先があることを感じさせるボリュームのあるパワフルな白です。
FASTIVINでは、約400種類あるワインの中でコレが一番美味しいと何度も訪れる方が多数くいられました。
SPーLot2 味わい
→2013年8月29日
やや濁りのある濃いめの黄色で微発泡。完熟したブドウを食べているかの様なフレッシュ感のある果実香や蜜などの優しいニュアンスにミネラルの香り。ほのかに舌先に優しい甘さを感じ、酸がバランス良くしめてくれます。
熟成からくる円みとしっかりした厚みで旨味ののった、どんどん飲みたくなる味わいです。
大岡さんより
すこぶる純粋で複雑味が奥深くに隠れている、10年後も楽しめるワインです。
私の作った白ワインの中で一番の自信作で,自然の神秘を感じさせてくれます。様々なことを学んだワインです。