N.V.13年 Canon Rouge 有限会社ヴォルテックス

こちらのサイトではワインの販売は致しておりません。

ワイン名
N.V.13 VdF Le Canon Rouge         
ヴァンドフランス ル・カノン ルージュ 赤 辛口
品種
シラー70%、サンソー10%、ヴィオニエ10%,グルナッシュ10%
買いブドウで造られるが、大岡さんは区画や品種ごとの量を品質次第で毎年変えるため、構成はヴィンテージによって異なる。

カノン赤13.JPGル・カノン ルージュ    

サンペレイから南に20km下ったOuveze渓谷とコンドリューに近い北のサンジョセフ。
区画や品種ごとの量を品質次第で毎年変えるため、構成はヴィンテージによって異なる。
栽培
殺虫剤なし,化学肥料なし,化学農薬なし。
特徴
赤紫と言ったしっかりとした若々しい濃い色調で、グラスに注ぐ時から芳醇な葡萄の凝縮感のある香りが漂います。プラムやバナナなどの熟した果実のジューシーな香りがあり、黒胡椒などのスパイシーな香りも感じられ複雑感もあります。アタックは香り同様の甘味を感じますが、しっかりとしたタンニンと酸がバランスよく調和させてくれて、するりと口中に入ります。口いっぱいに果実を感じ、余韻に華やかな香りが残り、お手頃なサン・ジョセフと言った綺麗な印象です。
大岡さんより
2013年は冬がとても寒く、しかも雨続きで芽吹きが二週間以上遅れました。そのまま開花時まで同じ天候が続き、花ぶるいが多かった年です。後半は晴天が続き、残っていたブドウは健全な状態で完熟しました。収穫日が遅かったことに加えて葡萄の成熟が涼しい中でゆっくりと進んだことで、酸がきれいに残っている年です。グルナッシュは花ぶるいを起こしやすく、2013年はほとんど収穫できませんでした。そのためカノンはシラーが多めになっています。シラーだけですとワインが濃すぎるのでサンソー、ヴィオニエなどを少量加えバランスを取っています。香りが高く果実味が強いです。