フォンチュード 有限会社ヴォルテックス

こちらのサイトではワインの販売は致しておりません。

元環境アドバイザーの知識と造形をワイン造りに実践!

フォンチュード2_2.jpg

パリで環境アドバイザーをしていたFrancoi Aubryフランソワ オーブリーは、年老いた両親が余生をのんびりと過ごすことのできる土地を探し続け、ようやく2003年に格好の場所を見つけて移住しました。
ラングドックの中心に位置するサラグーの谷にある、放棄された森と30haに及ぶ牧草地、そして3.5haの小さなブドウ畑も付いた土地です。自分たちの仕事は環境と祖先の遺産、そして動植物たちによって成り立っていると考えるオーブリーは、これ以上はないほど自然に恵まれたこの土地が有する多様性を余すことなく発揮できるよう、遺産を守るように森と牧草地の状態を再生させて来ました。
長年の薬剤投与によって荒れ果てたブドウ畑は、カリニャン、サンソー、アラモン、テレブラン、そしてグルナッシュ。どれも樹齢が古く収穫量が少ない固有種で、その効率の悪さのため抜かれる運命にあったブドウです。この畑をバイオダイナミクスで栽培、使う農薬は少量の銅と硫黄のみで、他はハーヴと調剤を散布すること10年、ようやく畑の土は柔らかくなり沢山の虫や草花が畑に戻って来ました。
オーブリーは、牧草地に羊を放牧しています。羊たちは豪雨、猛暑と厳寒期を除き、基本的に年間を通して外で育てられています。従って、出産も外で行われ冬から春にかけて子羊が元気に外を飛び回る姿を観ることもできるようです。

*ワイン造りにおける重要な仕事の大半は畑にあると考えており、完熟で摘みシンプルに醸造することを心がけています。

ワイン名
2012 Jour de Fete  ジュール・ド・フェット 白 辛口
品種
テレブラン100%
醸造
除梗せずにそのまま垂直プレスし、果汁をグラスファイバーのタンクに入れて自然発酵させ9ヶ月の熟成。この畑は火山性土壌で鉄分が多いことが特徴。標高は200Mでさほど高くはないが、この土壌由来の酸味とミネラル分が、他のテレとは全く異なるシャープなスタイを生み出している。火山性土壌の畑はとても少ない。
特徴

色調が薄く透明感があります。白いちじくや黄色いリンゴのコンポートシロップなどのやや控えめな甘味のある香りに、メロンの様な少し青みのある香りが感じられます。昨年の秋の試飲会の際は、果実の香りが控えめ過ぎて、平面な印象を受けました。半年以上寝かせた事で、円みのある果実感が全面に出てきた事と、それを引き立てる穏やかで非常にきれいな酸が、膨らみを出してくれています。

ジュールドフェット12_2.jpgジュール・ド・フェット

ワイン名
2012 fontitudeフォンティテュード 赤 辛口
品種
サンソー100%
醸造
セミマセラシオン カルボニックで発酵の後、6ヶ月の熟成。
特徴

苺果汁の様な薄い赤色。青みのある香りに赤い熟した小さな果実が散りばめられているようで、口当たりは優しく酸が穏やかなのでするすると飲み口が良いです。開いてくるとジンジャーティーの様なスパイス感があり、飲み口は軽やかですが余韻に複雑味があります。アタックから余韻までで、様々な顔を見せ楽しめるワインです。

フォンティテュード12_2.jpgフォンティテュード

ワイン名
2011 entremondeアントルモンド 赤 辛口
品種
カリニャン40%、アラモン、グルナッシュ各25%、サンソー10%
醸造
全てのブドウをセメントタンクに入れて自然発酵。12ヶ月間タンクで熟成の後に同じく12ヶ月の瓶熟成を経て出荷。
特徴

赤みのある濃いめの紫色。抜栓時少しピリリとあたり、ざくろの香りとやや乳酸発酵の様な香りがあります。温度が低いとなかなか本来の姿は見せず、ドライなタンニンとアルコール感が先行し果実味が控えめに感じます。温度の上昇と共に開いてきす。ここからがさっきまで後ろの方に隠れていた味わいの見せ所。凝縮感のあるブラックベリーなどの果実味と白胡椒の様な爽やかなスパイス香りがアクセントとなり円みがましてきます。

アントルモンド11_2.jpgアントルモンド

オーストリー

オーストラリア