N.V.12年 Canon Rose Copy 有限会社ヴォルテックス

こちらのサイトではワインの販売は致しておりません。

ワイン名
N.V. 12 VdT Le Canon Rose   
ヴァンドターブル ル・カノン ロゼ 辛口
品種
ミュスカダンブール100%
自社畑から70%,借りている畑から30%,で構成される
栽培
殺虫剤なし 化学肥料なし、化学農薬なし。一部ビオディナミ。

IMG_2502.jpgル・カノン ロゼ

醸造・熟成
野生酵母による温度コントロールをしない状況下での発酵。小樽で発酵させるが、絶えずワインを入れておくことにより硫黄による樽の消毒を回避することを目的としている。
特徴
淡い色調。やや濁りのあるロゼ色。1日立てておくとオリは沈みます。口に含むと甘さを感じさせるようなジューシーな旨みを感じますが、実際はセック(辛口)です。
まさに、大自然の恵みそのものと言っても過言ではない味わいのワイン。
ル・カノンとは「一杯やろう!」の意味で、その名のとおり気軽に飲める軽い味わいながらも溢れるような果実味を持ち味としている。
大岡さんより
2012年は春に雨が続きローヌ地方にしてはめずらしくべと病が発生しました。
収穫量は落ちましたが、残った葡萄は健全に育ち晴天のもと収穫ができました。
醸造はとくに問題なく、めずらしく冬が来る前にアルコール発酵、マロも終了し比較的楽な年でした。
味わいの特徴としては、例年よりも濃縮感が強く香りの要素も複雑です。
おそらく数年寝かした方がさらによくなると思います。