アランルナルダ ファッシュ Copy 有限会社ヴォルテックス

こちらのサイトではワインの販売は致しておりません。

HOME > 生産者 > アランルナルダ ファッシュ Copy

セルドンを造り続けて6代目!アラン・ルナルダ ファッシュ

IMG_2327.jpg

IMG_2316.jpg東向きのプルサールビュジェ村の手前の急な細い山道を数百メートル登り、小さな橋を渡ると人口115人、ワイン生産者5件のときおり霧に包まれる美しいメリニャ村に到着します。
ファッシュさんは、現在一緒に仕事をしている息子さんで6代目になる古くからの生産者です。

長年に渡りビュジェ・セルドンの品質を広く理解してもらおうと様々な努力を続けてきましたが、いよいよ2010年(2009年産)から”AOCビュジェセルドン”が名乗れるようになり「ここまでくるのに大変だったよ」と喜びを噛みしめている様子でした。

この”メソードアンセストラル”がシャンパーニュと違いリキュール添加、補糖が認められていない所を非常に重要視して区別しています。
作り方は昔から変わらず自然に任せていますが2009年には、自社畑の一部プルサール4haとガメィ8haを「AB=アグリカルチュール・ビオロジック」に申請中です。

ビュジェセルドンの生産者は、現在40人。メリニャ村には、そのうち5件の生産者のみですが、ルナルダは中でも一番広く畑を所有しています。
古くは、USA,オランダ、ベルギーに輸出され、最近はカナダ、オーストラリア、イギリス、そして日本からも多くの需要がある人気のドメーヌです。

ワイン名
A.O.C. Bugey Cerdon(N.V.13年)

ビュジェイ・セルドンロゼ ペティヤン

やや甘口
品種
ガメイ100%
4haのプルサールと、8haのガメィ。メリニャ村の様々な場所に畑を持っています。

ルナルダ.JPGビュジェ セルドン2013

栽培
ビオロジック
株の回りのみ草を取り、畝の中心は残す。20年以上防虫剤不使用。
取りの羽を燃やした粉でディナミゼをしている。
肥料は必要に応じて使用。
収穫量
約60hl/ha
醸造・熟成
通年9度に保たれているセラーにて醸造。
酸化を防ぐ為SO2をいれて圧搾。
発酵温度20度で6気圧に保ちながら温度を下げて行き、最終的に2度で4気圧にする。
作柄
春はとても寒い上に雨が多く、寒かったこの時期に芽が出たものは結実不良になる程の状況でした。ですが、8月~10月に雨が少なく、また雹等の影響もなく良い天気が続きました。また、夏8月~9月は昼の気温に対し、夜の気温が低く寒暖の差が出来たお陰で甘さと酸の調和がとれ、とても理想的な葡萄となりました。また、醸造中の11月や12月も気温が低くゆっくりと発酵が進み、上品さと複雑さを兼ね備えられる様な状況となりました。2013年の品質と致しましては、結果、非常に理想的な良い出来となっております。
特徴
桜やさくらんぼを想わせる、やや赤みのあるキレイなピンク色で、見るだけでもウキウキする可愛らしい色合いです。グラスに注いだ瞬間シュワシュワっと音を立て、泡と共に甘やかな香りが漂います。瞬時に泡は落ち着き、細かな気泡がゆらゆらと上がってきます。イチゴジュースや飴などの優しい甘い香りに、バラなどの華やかさが加わります。味わいは、とても細かい泡と甘味が口いっぱいに広がり、赤いリンゴをかじったようなフレッシュな酸とタンニンが、とても爽やかに感じ余韻まで続きます。とてもジューシーで甘酸っぱい可愛らしい味わいは、食前酒やデザートと共に、また、青空を眺めながら木陰で楽しんだりと、様々なシーンで活躍してくれます。

LinkIcon2012年度の資料はこちらです。

IMG_2193.jpgメリニャ村の入り口
IMG_2305.jpgファッシュさんのカーヴ
IMG_2304.jpgティスティングルーム
IMG_2307.jpgすべての設備が揃っている
IMG_2311.jpg通年9度の地下セラー
IMG_2312.jpg20年間以上農薬、防虫剤不使用の畑
IMG_2315.jpg動物避けは電流で。
IMG_2319.jpgプルサール

オーストリー

オーストラリア