ミッシェル・ガイエ 有限会社ヴォルテックス

こちらのサイトではワインの販売は致しておりません。

職人魂のハイクオリティなジュラ

ガイエ.jpg

ミッシェルの蔵は、エマニュエル ウイヨンやピエール オヴェルノワが居を構えるピュピヤンから、車で15分ほど山道を走ったモンティニィ レ アルスル村にある。

16歳から父親と一緒に働いていたが、ワインを専門に造っていなかったことから、ほぼ独学でワインについて学んできた。アドバイスをくれた人たちは、かつて昔ながらの栽培と醸造をしていた祖父くらいの年齢の、既に引退した人たちだけといった環境。有機栽培をしていることで周囲からは異端者扱いされ、(採算性が悪い理由から)銀行もお金を貸してくれない、極めて厳しい時代を耐え抜いてきた苦労人である。

頑張って続けて来ることができたのは、アルボワのレストラン「ジャン-ポール ジュネ」の初代料理長アンドレ ジュネ氏から受けた薫陶が大きいと言う。アンドレは、ミッシェルが納品に訪れるたびに古いワインを飲ませてくれ、苦しくても栽培と醸造の方法を楽な方向に変えては絶対にいけないと励ましてくれた。ミッシェルのワイン造りの根幹にあるのは、仕事の内容は違っても、アンドレ ジュネのようなモノ造りをする職人が共通して持つ、魂のようなものなのだと思われる。

ワイン名
2011年Arbois Trousseu  le Clousot

アルボワ トゥルソー レ・クルソ 赤 赤辛口 

品種
トゥルソー100% 。樹齢20年。
平均収穫量30hl/ha。
特徴
小石混じりの石灰質土壌。最もトゥルソーの栽培に適した畑。約1ヶ月程度のセミマセラシオン・カルボニック。発酵後、大樽にて12ヶ月の熟成。亜硫酸無添加。

くるソ.jpgレ・クルソ

ワイン名
2011年Arbois Trousseu  Vigne du Louis

アルボワ トゥルソー ヴィーニュ・デュ・ルイ 赤辛口 

品種
トゥルソー100% 。樹齢50~60年。
平均収穫量30hl/ha。
特徴
小石混じりの石灰質土壌。最もトゥルソーの栽培に適した畑。約1ヶ月程度のセミマセラシオン・カルボニック。発酵後、大樽にて12ヶ月の熟成。亜硫酸無添加。

ヴィーニュドルイ.jpgヴィーニュ・デュ・ルイ

ワイン名
2011年Arbois Trousseu  grands Vergers
アルボワ シャルドネ グラン・ヴェルジェ 赤辛口 
品種
トゥルソー100% 。樹齢80年。
平均収穫量30hl/ha。
特徴
小石混じりの石灰質土壌。最もトゥルソーの栽培に適した畑。約1ヶ月程度のセミマセラシオン・カルボニック。発酵後、大樽にて12ヶ月の熟成。亜硫酸無添加。

グランヴィーニュ.jpgグラン・ヴェルジェ

ワイン名
2011年Arbois Chardonnay
Les Follasses
アルボワ シャルドネ レ・フォラス 白辛口 
品種
シャルドネ100%。樹齢40年。
特徴
標高270Mのマルヌーブラン土壌の平地。除梗したブドウをプレスして大樽で自然発酵させ、そのまま12ヶ月の熟成 軽くフィルターをかけたが清澄はしておらず、亜硫酸も加えていない。

ガイエ2011.jpgレ・フォラス

ワイン名
2005年Arbois Chardonnay
La Fauqette
アルボワ シャルドネ ラ・フォケット白辛口 
品種
シャルドネ100%.樹齢48年。標高270Mのマルヌーブルー土壌の南西向き斜面。
特徴
全房ごとプレスして大樽で自然発酵.そのまま12ヶ月熟成、更に180Lの小樽で36ヶ月にわたり熟成させたワイン。2005年は「偉大としか言いようのない素晴らしい年」。フィルターや清澄作業はせず、亜硫酸も無添加。

ガイエ2011.jpgラ・フォケット

オーストリー

オーストラリア