シモン・ビュッセー 2010 有限会社ヴォルテックス

こちらのサイトではワインの販売は致しておりません。

ワイン名
2010 VdF Polichinel 
ポリチネル 赤 辛口
品種
マルベック60% 、メルロー40%。
樹齢約40年。
0.5haの区画は、ロット川の断崖に一部張り出したテラス状の地形となっている。
石灰質が地面に露出するため、砂利が少ない粘土石灰質の土壌。

IMG_3728.jpgポリチネル

栽培
2007年にビオロジック栽培の「エコセール」を取得。
収穫量
約20hl/ha。収穫は手摘み。
醸造・熟成
100%除梗しグラスファーバー製のタンクに入れて、天然酵母による自然な発酵。マセラシオン中は空気に触れないように注意。発酵とマセラシオンの合計は20日間。
古樽(平均6年)を使って9カ月の間、澱引きをせず熟成。
清澄やろ過をせずにビン詰め。
SO2は熟成用木樽の燻浄をする以外は一切使わない。
特徴
ロット川を臨むテラス状の畑に、地中深く伸びたぶどうの古株。丁寧に育てたぶどうの味わいをできるだけ表現したいため、SO2は無添加。
2010年はカシスの風味が強調され、しっかりした骨格があり、力強くリッチながら同時に丸みがある。フレッシュで繊細な味わいでグイグイ飲める感じがする。
濃厚でボリューム感があるが、驚くほどきめが細かく、丸みのある滑らかなタンニンが特徴。カシスのような黒い果実が熟したリッチで力強い味わい。とりわけ繊細さが際立っている。
ラベルの「ポリチネル」とはイタリアの喜劇の道化師のことで、2008年に初めてSO2無しのワインを作って官能検査に出した所、合格しなかったためそれを揶揄して名づけ、絵をさかさまに使用した。
「ピュール・コ」よりもフルーティさを現すために熟成期間を少し短めにしている。そうすることで果実のフレッシュさも残す。
ワイン名
2010 AOC Cahors Originel 
オリジネル 赤 辛口
品種
マルベック70% 、メルロー30%。
樹齢約30年。
プレイサック村ブティエ地区(昔のオキシタン語で「粘土」という意味)にある。
1.2Haの区画。粘土質の土壌。

IMG_0529.jpgオリジネル

栽培
2010年にビオロジック栽培の「エコセ―ル」に認定。
収穫量
約18hl/ha。収穫は手摘み。
醸造・熟成
100%除梗しセメント製のタンクに入れて、天然酵母による自然な発酵。
マセラシオン中は空気に触れないように注意している。
発酵とマセラシオンの期間30日間。
古樽(平均6年)を使って8カ月の間、澱引きをせず熟成。清澄やろ過をせずにビン詰め。アルコール発酵、熟成中はSO2を使わない。
特徴
シモンがワイン作りを開始したぶどう畑で、「本源」という気持ちをこめて名付けた。
長期マセラシオンをしてもコト特有の重たさが全くない。エレガントで溌剌した酸あり、不滅なのではないかと思うくらい寿命が長そう。
ワイン名
2010 AOC Cahors Pur Cot
カオール ピュールコ 赤 辛口
品種
マルベック100% 。樹齢約40年。
蔵があるレ・ルージュ地区にある1.2haの区画。南北に開けるテラス状の粘土石灰質土壌(シレックス含む)

IMG_3718.jpgピュールコ

栽培
2007年にビオロジック栽培の「エコセール」を取得。
収穫量
約18hl/ha。収穫は手摘み。
収穫したぶどうは選果後、35Kgのプラスティックケースに積めて、荷馬車で運搬。
醸造・熟成
100%除梗し、セメント製のタンクに入れて、天然酵母による自然な発酵。
マセラシオン中は空気に触れないように注意して、ルモンタージュを丁寧に行う。発酵とマセラシオンを含めて18日間。
古樽(平均6年)を使って8ヶ月の間、澱引きをせず熟成。
清澄やろ過をせずにビン詰め。アルコール発酵、熟成中はSO2を使わない。
特徴
カオールの伝統品種を用い、濃厚で密度が高いが、驚くほど繊細。アルコールの強さやタンニンが控えめ。一般的なカオールの「ブラックワイン」とはかけ離れた繊細な風味が魅力で、口当たりがとても良い。
地区名の「レ・ルージュ」とは「コー(マルベック)に適した土地」と昔から認められて付けられた。
ラベルには、生まれ育ったこの土地に育つ樹齢の古いコーの区画を、大好きな馬で耕す場面を挿絵にした愛着のあるデザイン。

オーストリー

オーストラリア