ダヴィッド・レクラパール 有限会社ヴォルテックス

こちらのサイトではワインの販売は致しておりません。

ブドウ畑で得るピュアな風味をそのままに。

IMG_2090.jpgダヴィッド・レクラパール 

豊かな自然の恵を変えてしまわないように。
テーマは、「ピュア・エネルギー・喜び・エコロジー」

ランスの南東に位置するTrepailトレパイユにある小さな蔵元(事実ガレージのように小さい)
ダヴィッド レクラパールは、3haの畑を所有しています。この半分に相当する1.5ha分はネゴシアンに売却し、選りすぐった約半分について醸造からビン詰めまでを自身で手掛けています。

ダヴィッドはアヴィズの醸造学校を卒業後にバイオダイナミクスを学び、4大原則である「ピュア、エネルギー、喜び、エコロジー」の考えのもと、殺虫剤、除草剤や化学肥料を使用せず、可能な限り高品質なシャンパーニュの醸造に適したブドウを得るために、収穫量を平均の30%程度に抑えています。

また、ワインは全て単一品種及び単一ヴィンテージで構成されており、門出のリキュールも全く添加しないでビン詰めします。若い内は土地由来の純粋な硬質感を楽しむことができ、寝かせることで深い奥行きと複雑性を味わうことができるシャンパーニュです。

ワイン名
N.V.06年 L'Amature
ラマトゥール(愛好家) 白 発泡 辛口
品種
シャルドネ100%  樹齢60年
ダヴィッドは合計22区画の畑を所有しているが、このキュヴェに使用される
ブドウは南西向きの4~5区画に限定される。
醸造・熟成
内側をコーティングしたタンクで1次発酵。 その後2次発酵及び熟成に22〜25ヶ月。

IMG_2965.jpgラマトゥール

ワイン名
N.V.06年 L'Artiste
ラルティスト  白 発泡 辛口
品種
シャルドネ100%  樹齢30〜40年
ダヴィッドは合計22区画の畑を所有しているが、このキュヴェに使用される
ブドウは2区画に限定される。

IMG_3504.jpgラルティスト

醸造・熟成
2003年まではステンレスタンクのみで1次発酵をさせていたが、2004年から小樽も使用している。(ステンレスタンクとの割合は1:1)
発酵後に約11ヶ月間の熟成。2次発酵及び熟成に36ヶ月。
01年〜03年は他社に販売しており生産していない。
ワイン名
N.V.04年 L'APotre
ラポートル(使徒)  白 発泡 辛口
品種
シャルドネ100%  一番古い1946年の区画
ダヴィッドは合計22区画の畑を所有しているが、このキュヴェに使用される
ブドウはこのキュヴェは1946年にダヴィッドの祖父が植えた畑(0.32ha)のブドウだけを使用している。

David Leclapart L'Apotre Origin.jpgラポートル

醸造・熟成

ルフレーヴで98年と99年に購入した小樽(225〜228L)で1次発酵。

ビン熟成の期間は42〜48ヶ月。

ワイン名
N.V.06年 L'Alchimiste
ラルシミスト(錬金術師=アラブ語で神の科学)  ロゼ 発泡 辛口
品種
ピノノワール100%
'52,'62,'97,01年に植えた区画
ダヴィッドは合計22区画の畑を所有しているが、このキュヴェに使用される
ブドウは4区画に限定される。

IMG_2972.jpgラルシミスト

醸造・熟成
スキンコンタクトを48h後、足で潰し圧搾ジュースと混ぜる。小樽で1次発酵後に約11ヶ月間の熟成。ビン熟成に20から25ヶ月。(通常は20〜30ヶ月)
特徴
キュヴェ名のもとになったアラブ語のアル(神)のシシ(科学)とは、葡萄の果皮が黒いのにジュースが透明であるのがゆえん。2001年が初ビンテージ。
1杯目は、プラム、スパイス、ハーブ、ローズの香りを含む。
2杯目から、味わいに塩、ミネラル、ハーブ、乾燥ハーブがあらわれる。
このワインの1口目はいつも落ち着いていない様な気がするが、時間と共にまとまったスタイルが出てくるのが特徴なので是非、空気に触れさせながら変化を楽しみながら飲んで欲しいとのこと。
醸造(共通)
1) 100%除梗する。圧搾には、伝統的で最もブドウに優しいといわれる
垂直式木製プレス機を使用。
2) 圧搾時のみ少量のSO2を使用。
3)トラックでジュースの入ったタンクを取りに行き、4つに分ける。
4)デブルバージュ(発酵前の不純物を取り除く作業で、15〜17度で24h安置)なお、2004年と2006年は素晴らしいブドウだったため、この作業はしていない。
5)野生酵母での発酵が終わる(11〜12ヶ月)と澱引きなしでオリとのコンタクトさせる。(シュールリー)
6) マロラクティック発酵を完結させる。
7)スーティラージュ(オリ引き)して、上澄みのみをビン詰めして2次発酵に。
ワイン名
2008年 Coteaux Champenois
"Trepail Rouge"
コトーシャンプノワ”トレパイユ ルージュ” 赤 辛口
品種
ピノノワール100% '52,'62,年に植えた区画
セレクションマサルの木がある。
地下300mまでチョーク質。
ダヴィッドは合計22区画の畑を所有しているが、このキュヴェに使用されるブドウは2区画に限定される。

IMG_3506.jpgコトーシャンプノワ

醸造・熟成
手作業で100%除梗。
1000L(果房が入ってちょうど満タンに)の木製タンクで発酵、醸造。
03年、09年に新樽を買い足している。それ以外はピリュニーMのフェーブルさんの15年古樽を使用。1日3回足でピジャージュを2週間。
自然に任せた熟成、人の都合で切り上げたりしない。
ピノノワールは、98年より生産。瓶熟1年を経てリリースされる。
鳩料理とも相性が良い。
P1000608.jpg2011年1月ダヴィッドからの写真です。
P1000596.jpg2011年1月ダヴィッドからの写真です。
P1000572.jpg2011年1月 ばんざ〜い!
P1000593.jpg2011年1月ダヴィッドからの写真です。
IMG_3437.jpgほどよく草の残る畑
IMG_3428.jpgダヴィッドの畑には生き物が沢山
IMG_3449.jpg選果台
IMG_3458.jpgこちらで醸造されます。
IMG_3454.jpg日本への出荷を待つワイン達

オーストリー

オーストラリア