ムア・ニーポート 有限会社ヴォルテックス

こちらのサイトではワインの販売は致しておりません。

日本人の味覚嗜好に合致する繊細なブラウフレンキッシュ

ニーポート写真.jpg

眠れる銘醸地シュピッツア−べアク

このワインは、シュピッツァーベアクの南向き斜面からのブドウのみを原料とします。オーストリア東部のワイン産地、カルヌントゥム地方のプレレンキアヒェン村にあるシュピッツァーベアクは、地質学上はカルパティア山脈の一部であるハインブルガー山脈の東端に位置します。山脈の中心は花崗岩で、太古の海による厚い石灰岩の層がその上に堆積しており、一部にはシストの箇所も認められます。

シュピッツァーベアクは、多くの希少な、絶滅危機に瀕する植物が岩石を覆うわずかな土壌に育っているため、自然保護区域にもなっています。非常に乾燥した場所で、年間降水量は300mmから500mmの間を超えることはほとんどありません。表土には岩石が露出しています。
こうした環境は非常に低い収量に帰結し、そのためワインはミネラリティーを特徴とし、こなれるまで通常は収穫から2~3年を要します。

ドルリ・ムアとディルク・ヴァン・デア・ニーポートの二人は、2002年にブラウフレンキッシュの古木の畑を探し始めました。現在彼らは、少なくとも20年以上の樹齢の畑を、小さな(場合によっては極小の)区画が多数あちこちに散らばる形で12haを所有しています。

ワイン名
2009 Carnuntum
カルヌントゥム 赤 辛口
品種
ブラウフレンキッシュ 100%
石灰岩。シスト。
  • 09カルヌントゥム.jpgカルヌントゥム
特徴
ブドウは過熟によるジャミーさを避け、ブラウフレンキッシュが有するフレッシュで花のような果実香味を保持するため、完熟直後のかなり早期に収穫。
同じ目的で、ブドウは非常にやさしい方法で醸造されます。例えば、手摘みされたブドウは一部茎を残し(09は15%)木製の手動垂直プレスで搾られ、発酵は全て天然酵母で自発的に行われ、果汁をポンプアップすることは一切せず、マセラシオンは極端なほど短く(発酵が終わる前に果皮を除いてしまう)抽出を抑えて、亜硫酸は醸造過程の最後にしか添加しません。結局のところ、醸造技法は何十年も昔と全く変わりません。ワインは古樽(大小併用)で2年間寝かせた後にリリースされます。その結果ワインは深く複雑な香味を特徴とし、暑い年だったにもかかわらずエレガントで、筋骨隆々のタイプでは全くありません。このワインの理念は、ブランフレンキッシュを“古典的なブルゴーニュ風”スタイルで、即ち繊細でエレガントな、溌剌とした酸がみなぎる、長熟のポテンシャルを持ったcoolness溢れるワインとして表現することなのです。
味わい
色調は透明感のある美しい赤で、チェリーや土のテロワールを感じるアロマに始まります。
味わいにはしっとりとしたパウダー状の旨み成分があり、赤すぐりやプラム等の果実へと変化して村名ヴォーヌ・ロマネを想わせる、この価格とは思えないほど品の良いワインです。
開栓2日目でも黒系果実の落ち着いた香りが続きブドウ由来の甘みがあります。酸は突出せず1日目の美しいバランスが保たれています。
2009年が暑かったヴィンテージの割には冷涼感を感じられ、過熟を嫌いフレッシュで健康なブドウだけを求めるニーポートの哲学が、ワインにしっかりと反映されていると思われます。
2013年1月現在:中~大きめのグラスで室温に上げていくようなペースでお飲みいただくと良いでしょう。
貯蔵庫.jpg樽の貯蔵庫
手動木製プレス.jpg手動木製プレス2機。すべてこれで絞っています。
赤の発酵&熟成開放樽.jpg赤ワインの発酵&熟成開放槽
07Barells.jpgバレル
バレル.jpg貯蔵庫の中
08Amphora.jpg2012年から加わったアンフォラ
10OldVine@Spitzerberg.jpgシュピッツァ−べアクの古木区画
11BlaufraenkischOldVine.jpgブラウフレンキッシュの古木実

オーストリー

オーストラリア