ヴィニブラート 有限会社ヴォルテックス

こちらのサイトではワインの販売は致しておりません。

ジャン・マルク・ブリニョのネゴシアンワイン

ブリニョ0.jpg

ネゴシアン名「ヴィニブラ-ト」とは、
ビブレーション=波動が伝わる宇宙のエネルギーを持ったワインという意味です。


アルボワの畑は、30年間、過剰な化学肥料、機械収穫によってかなり傷んでいました。ビオディナミへ急転換した事や、すでに壊死していたブドウの木が多かったこと、さらには、2007年から2009年まで3年連続で雹によるダメージがあったことで、収穫量が減る一方でした。

2009年夏、かねてから他の地域の、他のブドウでもワイン醸造をしてみたいと思っていたジャン-マルクは、100%ナチュラルワインのネゴシアンを立ち上げました。

すべてビオロジックで「AB」認定を受けている上質なブドウだけを買い、現地で選果、醸造します。
2009年はボジョレー地方と、アルデッシュ県でネゴスワインを造りました。

また、ビオロジック、ビオディナミ農法や、ナチュラルワインのポリシーを広めて行くのもこのネゴシアンの目標です。

眠っていたドメーヌ・ド・ペイラ(オーベルニュ)のワインを買い取り、再び市場に出すことにしたのもそのためです。

すばらしいブドウ栽培者無しでは、美味しいワインは造れません。ネゴシアンワインのエチケットには必ずブドウ栽培者の名前を入れています。

ドメーヌ ジャン・マルク・ブリニョはこちらです。

ワイン名
NV10年 VdT rouge"Chi wa wa"   
ヴァンドターブル ”チワワ” 赤
品種
ガメイ100%。樹齢約20年。
シルーブルのガメィ。
2006年からエコセルト(ビオロジック栽培+ビオディナミ農法)。砂地の土壌。
収穫量
12hl/ha。

IMG_3235_2.jpgチワワ

醸造/熟成
運搬してきたブドウを圧搾して、23HL入りタンクで発酵。
除梗を100%してから、醸造所の自然な気温(18℃未満)の環境にて、約1ヶ月かけて天然酵母による自然な発酵。5週間マセラシオン。
圧搾の後、発酵時と同じタンクに戻し9ヶ月熟成。
清澄やろ過をせず、そしてSO2も一切使用しないで作る。
特徴
2010年は雨がちな気候だったため腐敗果が混じったが、手作業できれいなぶどうだけを厳選し、除梗も手作業で行った。
果実味の中にフレッシュな酸味がたっぷりとある、しなやかでデリケートなワイン。熟成期間が2009年より長かった分、上手にできて完成度が高い。熟成可能なワイン。
09年が初ビンテージだった「チワワ」の由来は使用した「シルーブル」の最初のChiの発音が似ているから。
「真夏にお勧め」という意味で、バミューダをはきサングラスをしたチワワがラベルに描かれている。
ワイン名
NV10年 VdF blanc Folk Off
ヴァンドフランス フォルク・オフ 白辛口
品種
ピノグリ100%。樹齢約25年。
アルザス地方オベルモルシュヴィール村の砂地の土壌。ビオロジック栽培+ビオディナミ農法
収穫量
25hl/ha。

フォルク.jpgフォルク・オフ

醸造/熟成
すべて手摘みで貴腐葡萄を選り分け収穫。貴腐なしで圧搾後、屋外に設置したグラスファイバー製の15HL入りタンクで自然な気温(18℃未満)で、約4ヶ月かけて天然酵母による発酵。糖分が高かったせいで、発酵に時間を要した。
発酵後2011年5月まで熟成。その後、気温の上昇から守るために、地下のカーヴへ移動させ、2012年の2月にボトリングするまで特別な作業をせずに寝かせた。
熟成後のビン詰めする時は重力を上手く用いて、ポンプを使わない方法で行う。清澄やろ過をせず、SO2も一切使用しない。
特徴
辛口のアルザスワインを作りたくて、初めてできたキュヴェ。
ワイン名は、何かアルザスっぽい感じの名前をということで名付けたもので、言葉本来の意味である「民族音楽、大衆音楽」とは直接関係はないとのこと。
ワイン名
NV10年 VdF rouge Si on parlait de Joseph
ヴァンドフランス シ・オン・パルル・ド・ジョゼフ 赤辛口
品種
ガメイ100%。樹齢約25年。
ヴィリエ・モルゴン村、サン・ジョゼフと呼ぶ地区にある1.3haの区画。砂地の土壌。2006年からエコセルト(ビオロジック栽培+ビオディナミ農法)。

シオンパレ.jpgシ・オン・パルル・ド・ジョゼフ

収穫量
12hl/ha。
醸造/熟成
運搬したぶどうを手作業で除梗。23hl入りのグラスファイバー製のタンクで自然な気温(18℃未満)にて、天然酵母による自然な発酵。7週間マセラシオン。発酵時と同じタンクで9ヶ月熟成。発酵槽からワインを取り出したり、熟成後のビン詰めする時は重力を上手く用いてポンプを使わない方法で行う。清澄やろ過をせず、そしてSO2も一切使用しない。
特徴
ワイン名は、原料ぶどう由来のサン・ジョゼフ地区と、イエスの養父ジョゼフを掛け合わせた。キリスト教ではイエスと聖母マリアについてはたくさん語り伝えられるが、イエスの養父ジョセフは、聖人として崇敬されているにも関わらず余り書かれていない。それならジョセフに敬意を表して語ろうという考えから名前を付けた。
2010年はモルゴン村では雨が多かった年で、果実味の中の酸味が特徴。
熟成向きではあるが、繊細な構成で喉ごしがよくまろやか。
ワイン名
2011年 VdF Trois ptit'ours et puis s'en va
ヴァンドフランス トロワ・プティ・ウルス・エ・ピュイ・ソン・ヴァ 赤辛口
品種
サヴァニャン、プルサール、シャルドネ
蔵があるモランボ村の3品種のぶどうをブレンド。合計4.0ha。泥灰土の土壌。ビオロジック栽培+ビオディナミ農法。樹齢約40年。

トロワ.jpgトロワ・プティ・ウルス・エ・ピュイ・ソン・ヴァ

収穫量
2hl/ha。ぶどうが熟すのを待っているうちに野鳥がほとんど食べてしまった。収穫量が余りにも少なかったため、残ったぶどうを全て混ぜて作った。
醸造/熟成
ぶどうを10hl入りグラスファイバー製のタンクで発酵。
醸造所の自然な気温(18℃未満)の環境にて、天然酵母による自然な発酵。6週間マセラシオン。発酵時と同じタンクで4ヶ月熟成。発酵槽からワインを取り出したり、熟成後のビン詰めする時は重力を上手く用いて、ポンプを使わない方法で行う。清澄やろ過をせず、そしてSO2も一切使用しない。
特徴
ジャンマルクは、初めて男の子が生まれた時に、ワイン作りの世界に入った。ジュラに蔵を構えた時に、2番目の子が誕生した。そして3番目の子供エメちゃんが生まれた年に、その蔵を閉じることにした。
「Trois p’tit ours」とは「3匹の熊」という意味で、3人の息子達を指す。「s’en va」とは「立ち去る、行く」というフランス語。人生の一つの区切りの年に作ったワインを子供が遊びで歌う「はやし歌」をもじって付けた名前。
2011年は涼しくて乾燥した年で、ジュラ地方では良い作柄となった。
非典型的であり、リッチな味わい。長期熟成タイプのワイン。

オーストリー

オーストラリア